楽な仕事

楽な仕事ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職活動の相談おすすめエージェント・職務経歴書・面接の対策・相談無料

 

 

 

 

キャリアアップも高収入も楽な仕事も相談おすすめ

 

 

 

 

もし今の会社に残るか迷っているならコンサルタントに聞いてみてはいかがでしょうか・・・・

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

 

 

まずは求人を探したい・・・という方へ

 

 

 

 

 

転職の求人を探すなら転職サイトがおすすめ

 

 

 

 

 

 

リクナビネクスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較的楽な仕事・会社で働きたい方へおすすめ楽なお仕事まとめました。

 

 

 

 

きついノルマ・嫌味な上司から解放されたい・風通しの良い職場で働きたい方必見です!!

 

 

 

 

1日の3分の一を我慢するか・気楽に過ごすか。

 

 

 

ワークバランスを大事にしたい方にもおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給料が多少低くとも、常にプレッシャーにさらされるような仕事は避けたい

 

営業ノルマや実力主義など常に成績を気にする・人間関係がギクシャクしてストレスが貯まる

 

クレーム対応がメインのコールセンター・サービス残業が多い・土日休めない

 

精神的に楽な仕事や紹介しますので、体調を崩してしまう前にこれらのような

 

仕事をしてみることを検討してみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

楽といえる職種の特徴は

 

 

※ノルマがない

 

 

※電話対応 (コールセンターの一次対応)・クレーム対応がない

 

 

※残業がない・少ない

 

 

※土日祝休み

 

 

※人間関係が良い・風通しの良い職場

 

 

 

 

人気の職種をまとめてみました!!

 

 

 

 

事務職

 

 

 

事務職は精神的に楽な仕事という認識が広まっており人気があります。

 

 

一般的に来客対応や電話の取次ぎ

 

 

書類のファイリングなど雑務全般

 

 

自分のペースで、任された仕事をこなせばいいだけなので、余計な気配りをする必要がないのがメリットです。

 

 

いわゆるコツコツ系の1つといえます。

 

 

求人で人気があるので募集がかかると埋まりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

ビルメンテナンス

 

 

 

 

ネット上で話題の「ストレスのない仕事」といわれビルメンテナンス

 

 

仕事内容はビルの監視室でモニターを見たり、ビルの保全作業や修繕作業をしたり、ボイラーや電気の管理をする仕事内容

 

 

 

ビルメンテナンスは24時間交代勤務が多く、月の勤務日数が10日前後になるということ。

 

 

休みが多く仕事とプライベートの両立がしやすいというメリットがあります。

 

 

デメリットは土日休みたいとか・日勤のみという方にはおすすめはしません

 

 

 

 

 

 

 

 

施設警備員

 

 

 

 

大型のショッピングセンターや複合施設、遊園地・ホテルなどの警備

 

 

道路などの雑踏警備と比べ

 

 

エアコンが効いている職場も多く体力的にも比較的楽といえるでしょう。

 

 

 

施設の巡回や、防犯カメラでの警備などが主な業務。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの管理人

 

 

 

ほぼいるだけ・施設警備に近いものではないでしょうか

 

 

ポスティングの監視や不審者が侵入しないかなど

 

 

警備的な役割

 

 

 

 

 

 

 

 

大学職員・学校事務 安定していて福利厚生もあり

 

 

 

大学職員や学校事務の仕事は安定していて給料も高め

 

の安定職といえるのではないでしょうか。

 

 

その分求人の人気が高く・求人がでたらすぐ人が集まる

 

お宝求人といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

図書館司書

 

 

 

本と向き合うことがメインなので対人関係が苦手な方にも

 

 

 

おすすめな職業です。

 

 

 

求人が少なめのようなのでこまめに求人サイトやハローワークの求人情報
をチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

求人を見つけるおすすめサイトはこちら

 

 

 

 

楽な仕事は人気です。求人情報がでてもすぐに求職者が群がり

 

 

埋まってしまうのが現実です。

 

 

 

おすすめとしてはリクナビネクストに登録していつも求人チェックをするか

 

 

 

転職エージェントに面談して希望を伝えておくのがおすすめ

 

 

 

まだ公に出る前に教えてくれる場合や非公開求人として公に出ない

 

 

 

 

情報を教えてもらえる場合もあります。

 

 

 

 

仕事内容は妥協せず

 

 

 

 

ご自身に合う就業先を見つけて末永く働くのが理想だと思います。

 

 

 

がんばってください(*´▽`*)

 

 

 

 

 

リクナビネクスト

 

 

 

 

 

リクルートグループが運営する『 国内No,1 』の転職サイト

 

 

 

転職求人案件が豊富でまずはどんな求人があるのか調査するのにおすすめ

 

 

余裕があれば職務経歴などを登録しておくと企業からオファーがくる場合あり

 

 

 

スカウト機能を利用してご自身の市場価値を調べるのにも使えます。

 

 

 

オファー内容に年俸などが記載されており、今の年収と比較して高ければ

 

 

 

転職するのも一つの手段ではないでしょうか。

 

 

 

またご自身の強みを発見するためのグッドポイント診断など転職活動に使える

 

 

 

お役立ちツールが無料で使えます。

 

 

 

 

うまく利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

リクナビネクスト 詳細はこちら

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

転職実績No.1の人材紹介会社

 

 

初めての転職・転職に失敗した気がするなど不安な方へおすすめ

 

 

また今の会社に残るべきか・転職すべきか悩んでいる場合

 

 

カウンセリングを受けることをおすすめします。

 

 

キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。

 

 

非公開求人も豊富で一般的な転職サイトでは見ることができない案件の紹介

 

 

面接・職務経歴書対策など様々なサポートが充実

 

 

 

 

リクルートエージェント 詳細はこちら

 

 

 

 

https://www.r-agent.com/

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

パソナグループの人材紹介サービス。「正しい転職」を実現するために

 

 

 

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティング

 

 

 

求職者の方の強みや希望を考慮し、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から

 

 

 

キャリアプランを実現するための求人を提案

 

 

 

履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。

 

 

 

 

パソナキャリア 詳細はこちら

 

 

 

 

http://www.pasonacareer.jp/

 

 

 

 

DODA

 

 

 

 

業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のキャリア・

 

 

お持ちのスキルを総合的に判断

 

 

現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理

 

 

「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し

 

 

現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探るので

 

 

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うこともあります。

 

 

書類選考で損をしないように・・

 

 

人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイス

 

 

面接に不安を感じる方のために

 

 

模擬面接・終了後のフィードバックもあります。

 

 

 

 

DODA 詳細はこちら

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※※※※注意※※※※

 

 

楽な仕事は人それぞれです。ノルマがないとやりがいにならない・人間関係はギスギスしていたほうが楽しい・・・あまりいないかもしれませんが。あくまでも一般的に楽な仕事です。

 

 

皆様・楽な仕事の価値観はちがうはずです。あなたにとって楽な仕事を見つけてみてください、あるいはやりがいのある仕事・人生を楽しくできる仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社の決定に疑問を感じたからすぐに仕事を変わる。ひとことで言えばご覧のような考慮方法を持つ人に直面して、人事担当者は警戒心を持っています。
何度も就職選考が続いているうちに、不本意だけれども採用とはならない場合が続いて、せっかくのモチベーションがどんどんと無くなっていくことは、どんなに順調な人でも起きることで、悩む必要はありません。
今の時点では第一希望の企業ではないというかもしれませんが、求人募集中のこれ以外の会社と比較してみて僅かでも長所だと感じる部分はどの辺りにあるのかを追及してみて下さい。

 

 

 

 

 

世間でいう会社説明会とは、会社側が主催する就職ガイダンスのことで、よくセミナーとも呼ばれます。希望する学生や求職者を呼び集めて、会社の概括や募集要項といったことをブリーフィングするというのが普通です。
もしも実際に働いた経験がしっかりとある。だとしたら人材紹介会社であっても利用してもよいと考えられる。新卒者を募集するのではなく、人材紹介会社などを使ってまで人材を求めている企業は、やはり即戦力を採用したいのです。

 

 

 

 

 

 

 

【知っておきたい】絶対にこういう仕事がしたいという具体的なものもないし、あの仕事も良さそう、いや、これも良さそうと迷ったあまり、最後になって実際のところ自分が何をしたいのか面接で話せない場合がある。
収入や労働条件などがどれほど手厚くても、職場の環境そのものが劣化してしまったら、次も離職したくなってしまうかもしれません。
新卒以外で就職希望なら「採用OKが出そうで、経験も積み上げられそうな会社」なら、とりあえず入りましょう。小規模な会社でも気にしません。キャリアと職務経験を入手できればよいでしょう。
どん詰まりを知っている人間は仕事の場面でも力強い。その負けん気はあなた方ならではの特徴です。将来における仕事の場面で間違いなく役立つ日があるでしょう。

 

 

 

 

いわゆる職安では、様々な雇用情報や経営についての法的制度などの情報があり、いまどきはついに情報自体の取り扱いもレベルアップしてきたように思われます。
【応募の前に】人気企業のうち、数千人もの希望者がある企業では人員上の限界もあったりして、とりあえず出身大学だけで不採用を決めることはどうしてもあるようだから仕方ない。
【就職活動の知識】転職活動と就職活動で決定的に異なるところは「職務経歴書(経験した職務・職業上の地位、および当該職務の具体的内容を記入した書類)」が必要かどうかということ。現在までの職場でのポジションや職務経歴などを読んでくれた人に理解しやすく、ポイントを確実に押さえて作成しなければならない。

 

 

 

 

 

「書ける道具を所持してきてください。」と載っていれば紙でのテストの予想がされますし、最近多い「懇談会」と記されていれば小集団での論議がなされる時が多いです。
たくさんの就職選考に挑戦しているなかで、悔しいけれども不採用とされてしまう場合ばかりで、十分にあったやる気が日増しに落ちることは、どんな人にでも普通のことです。
【転職の前に】離職するという覚悟はないけれど、うまい具合に今よりも収入を多くしたいことならば、資格取得を考えるのも一つの手法なのかも。